NAS(LS-H500GL)が故障したかもしれない話

???「死んだHDDからデータ抽出してくれない?」

俺「」

壊れたNAS->LS-H500GL

結論: NASの母体は死んでたけど、HDD (Hitachi製 HDP725050GLA360)は生きてた。

ファイルシステム(xfs)の違いで上手くいかなかったみたい。

 

~あらすじ~

NASが認識されなくなる

???がNASからHDDを抜き出し、ポータブルなUSB接続のケースにHDDを入れる。

???「認識しないぞ!」

???「あとはよろしく~」

 

~原因究明と解決までの記録~

HDDをSATAでマザボに直挿しする。

マイコンピュータは勿論のこと、 ディスクの管理とデバイスマネージャにも認識されていない状態。

どこかのブログに「デバイスマネージャのHDDに関係ありそうなドライバを更新するといい」と書いてあった。

ドライバ更新するとHDDがディスクの管理とデバイスマネージャの両方に認識された。

しかしディスクの管理からパーティーションは確認できるが、ドライブ文字を設定できない感じ。ファイルシステムも空欄。

おもむろにTestDiskを起動。解析した結果、ファイルシステムに「Linux」の文字。

UbuntuのLiveCDでコンピュータを再起動してみる。

マウントされたHDDは正常に読み込むことが出来た!

 

つまり?

HDDが死んだと思い込んでいた原因には2つあると思います。

1つは、NASがネットワークから認識されなくなったこと。

2つは、NASの中身を取り出してもWindowsに認識されなかったこと。

普通に生活している人(自分)が、こんな目にあったらお手上げです∩(・∀・)∩ モウ オテアゲダネ

どうやらバッファローのNASは、HDDのファイルシステムにxfsとかいうの使ってるらしんですね。そのファイルシステムはWindowsからは見えないので、HDDが壊れていたと勘違いしたわけです。

あと最初にドライバの影響でデバイスマネージャにも表示されなかったのは死んだかと思いました(実は別のPCでやったとき、BIOSにも表示されてなかった)。

~完~

 

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>