Web Tile を用いた Microsoft Band 2 アプリケーション開発

いまさら Microsoft Band 2 を購入したので、Band 上で動作するアプリケーション(以降、Band アプリケーションと呼称)を作ってみました。

作ったアプリケーションは、写真のような感じで、その日に開講される講義の時限と場所を、複数ページに渡って表示するものです。

WP_20170426_10_58_02_Raw_

この Band アプリケーションの開発には Web Tile を主に使用しました。

 

Web Tile とは

Web Tile は Microsoft が提供する開発者向け機能の一つで、Web 上で配信される RSS や JSON などのデータソースを Band 上に表示するアプリケーションを簡単に作ることができます。

Web Tile を用いた開発では、操作は全てブラウザ上で行います。

Web Tile 上での開発手順は、

  1. Band アプリケーションの画面レイアウトをテンプレートから選択
  2. データソースとなる URL を指定
  3. 画面レイアウトとデータソースの対応を指定
  4. 通知画面とデータソースの対応を指定
  5. アプリ名やカラーテーマなどを設定
  6. 完成したアプリケーションファイルをダウンロード

の6ステップからなります。

 

Band アプリを開発&インストールするまでの流れ

まず、Band に表示する講義の情報を提供する Web サーバをたてます。

今回は、Azure App Service 上に Web API サーバを構築し、GET リクエストを受けた時点の日時(曜日)に開講される講義のリストが JSON で提供されるようにしました(過剰な実装)

例えば、その API を木曜日に叩くと、こんな感じのレスポンスが返ってきます。

 

これを Band に表示するために、Web Tile では、API の URL を指定し(ステップ2)、JSON の要素をドラッグアンドドロップで Band 画面上にレイアウトしていきます(ステップ3)。

bandicam 2017-04-22 00-20-29-924

なお、Web Tile 上では日本語が文字化けしてますが、Band 上では最新のファームウェアであれば文字化けしないはずです。

 

最後に、完成した webtile ファイルをダウンロードし(ステップ6)、このファイルを Band と連携しているスマホなどにメールや Dropbox で転送します。

bandicam 2017-04-26 10-52-06-317

そして、Microsoft Band (MS純正のアプリ)で webtile ファイルを開くことで、Band にインストールできるようになります。

wp_ss_20170426_0001

 

まとめ

今回は、Web 上のデータを Band に表示させるアプリケーションを作りました。

ちなみに、ボタンやバーコードを表示するような Band アプリケーションを開発する場合は、Band SDK を使用するようですが、2017年4月時点では公開が終了しています。

いまさら開発しようとする人はなかなかいないとは思いますが……

MS Band2 を買ったら、ぜひ Band アプリを作って遊んでみましょう!

Recently

4423lab Written by:

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です