ESXi6.0でPSoDを体験したので再インストールした

ESXi6.0の起動中に画面が紫色になって起動できなくなったのでESXiを再インストールした話をします。

PSoD

PSoDとはこんな感じになることをいいます。

WP_20170609_02_34_31_Raw

エラーメッセージとしては以下のような感じでした。

NOT_IMPLEMENTED bora/vmkernel/core/bootModule/c:112

ESXiのインストールに失敗し、次のエラーで紫色の診断画面となる:NOT_IMPLEMENTED bora/vmkernel/core/bootModule.c:122 (2064370) | VMware KB

直前にBIOSの設定を変更したので、それが原因のような気がしますが、戻してみてもどうにもならなかったのでESXiの再インストールを決意しました。

 

ESXiを再インストール

以下のサイトを参考に再インストールしました。

「Install ESXi, preserve VMFS datastore」を選択するとリパーティショニングするが良いか?と聞かれます。

ESXiをインストールしていたディスクには仮想マシンのファイルもあったのでかなり躊躇いましたが、結果的に仮想マシンのファイルには影響がありませんでした。

なので結果的にESXiの再インストールのみを行うことができました。

 

ちなみに、日和ってESXiのアップグレードを選択したときは次のようにアップグレードに失敗しました…

WP_20170609_03_37_36_Raw

 

 

今回の一件でESXiの破損を体験し、前回は仮想マシンの破損を体験したので、だいぶESXi関連の障害には耐性がついたような気がします。

今後はなんとかなりそうです(フラグ)。

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>