鷺沢を求めて ~長野県編~

鷺沢という2文字、とても好きです。

本記事では、長野県松本市波田にある鷺沢を訪れた話をします。

鷺沢

長野県松本市波田の鷺沢は松本電鉄上高地線の新島々駅から30~40分ほど歩いた場所にあります。

古くは筑摩郡鷺沢嶽と呼ばれていたそうです。

鷺沢には水源があり、鷺沢水源という名称が付けられています。鷺沢水源の水源能力は800 m3/日で、波田地区全体の水源能力の5.57%に相当するようです(第2章 松本市の概況と水道事業の沿革)。また、その給水区域である鷺沢系には、鷺沢浄水場が設備されています(松本地区配水系統概要図)。

そして、鷺沢浄水場へ至る林道は鷺沢線と呼ばれています。

ここまでの全ての文には鷺沢という文字が含まれています。

新島々駅~鷺沢

新島々駅から鷺沢までは、国道158号線沿いを20分ほど歩いた後、国道をそれて緩やかな坂道(林道黒川線)を登ります。

道中にコンビニや自販機はないので、(鷺沢とは反対方向ですが)新島々駅の近くにあるセブンイレブンで飲料等を調達すると良いでしょう。

DSC_2589

DSC_2590

DSC_2591

DSC_2592

国道を外れて林道黒川線(上の写真で左側の道)を進みます。

DSC_2594_

DSC_2596

左が鷺沢に至る道、右が砕石工場です。

DSC_2597

DSC_2598

DSC_2599

DSC_2601

DSC_2406

林道黒川線と林道鷺沢線の分岐点に着きました。

林道鷺沢線

道の分岐点付近には、林道鷺沢線と書かれた標識があります。斜に構えて撮影したのではなく、標識が折れ曲がっています。

DSC_2566

DSC_2565

鷺沢(沢)

林道鷺沢線に沿って沢が流れています。実際のところ、この沢が鷺沢なのかどうかは不明です。

私は鷺沢を感じました。

DSC_2562

DSC_2560

DSC_2558

DSC_2563

DSC_2548

DSC_2542

鷺沢タッチ

鷺沢浄水場

鷺沢線を登った先には…

DSC_2649

DSC_2564

DSC_2602

鷺沢浄水場!

DSC_2547

鷺 沢 浄 水 場

鷺沢浄水場のパネルを再現した画像はここに置いておきます。

鷺沢砂防堰堤

鷺沢浄水場の先にある石が敷き詰められた建造物は鷺沢砂防堰堤です。

DSC_2603

DSC_2545

DSC_2544

鷺沢砂防堰堤からさらに鷺沢線を進むと、鷺沢砂防堰堤と同じぐらいの高さまで登ることができます。

DSC_2655

DSC_2652

さらに先に進むと…

DSC_2605

DSC_2606

道が別れています。

左手の階段を登ると、甲信幹線の鉄塔に続いているであろう道が…

DSC_2607

道が…

DSC_2608

道ではないですね。

先程の分岐点まで戻って、右手に進んでみましょう。

DSC_2653

(道が)ないですね。

 

沙田神社奥社探訪記によると、鷺沢砂防堰堤の先に神社の奥社があるらしいので、もしかしたら道が続いているかもしれません。

この神社に関して調べていて知ったのですが、このあたりの山は鷺沢山と呼称するようです(沙田神社)。

……鷺沢山、かぁ。

DSC_2450__

今日はいつもより Bright Blue (最高気温36度)

まとめ

今回は長野県にある鷺沢を訪れました。そこには確かに鷺沢があり、鷺沢を鷺沢たらしめるなにかを感じることができました。

日本には全部で4つの鷺沢スポットがあると言われています[要出典]。残りの3スポットは以下のとおりです。

  • 岩手県一関市花泉町油島鷺沢
  • 福島県大沼郡会津美里町雀林鷺沢
  • 山形県酒田市田沢鷺沢川

我々の旅は終わりません。そこに鷺沢がある限り――

コメントを残す

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>